当店やHPについて

  1. ホーム
  2. 当店やHPについて
  3. アヤが解決!近頃、気になるぅ…
  4. 更年期障害はいつまで続くのか

アヤが解決!近頃、気になるぅ…

更年期障害はいつまで続くのか

むしゃくしゃする女性のサムネイル画像皆さん、こんにちは。
梅雨の最中、いかがお過ごしでしょうか。
「更年期シリーズ」、今日はつら~い、更年期障害!
いつになったら症状は治まるの?



【辛い症状はいつまで続くの】頭痛のシニア女性_写真のサムネイル画像

更年期障害は閉経を挟む10年程度の時期と言われています。
もちろん、個人差があってほとんど症状を感じずに過ごし、更年期なんてなかったと言われるシニアの方もいますし、40代の前半で「もしかしたら更年期かも」と不安になる方もいます。
日本女性の平均的な閉経の時期は50歳から51歳と言われており、一般的に更年期の時期はその前後5年の45歳ないし46歳から55歳、56歳の10年ほどが目安となります。

【閉経を迎えたなら】

閉経の時期は平均して50歳から51歳と言われても、実際にいつ閉経するかはその方によって異なります。
ストレスグリーン_イラストのサムネイル画像いつ閉経するかはその本人にも分からないので、のぼせや疲労感、めまいやイライラなどこれまでとは違う症状が40代後半頃に出てきたら、そろそろ閉経を迎える合図かもしれません。
更年期障害なのかなと思われる症状が出始め、実際に閉経を迎えたのであれば、あと5年ほど頑張れば乗り切れるということになります。


【辛い症状を緩和するために】ストレスフル_女性のサムネイル画像

辛い更年期障害はいつまで続くのと不安になっている方が、閉経を迎えたからあと5年ほどねと言われても、あと5年も続くのと嫌になってきます。
そんな辛い症状を緩和し、辛い5年を乗り切るためにサプリメントを活用するのもおすすめです。
イライラを緩和させる作用に近年注目が集まっているストレス対策におすすめのGABAや、お肌の潤い不足やたるみやシワなどのお肌の老化を改善してくれるヒアルロン酸配合のサプリメントや食品をはじめ、プラセンタにも人気が集まっています。
プラセンタは胎児が育つ栄養素がたっぷり含まれた胎盤由来のエキスを用いたもので、体を元気にしてくれるアミノ酸やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれていますので、毎日の活力アップに役立ちます。

更年期層の女性の皆さん、女性特有のお悩みが気になっていませんか。
そんな方にはこちら女性特有のお悩みとプラセンタ早わかりページをご覧くださいませ。

一般モデルのサムネイル画像

2018/06/14



ページトップ