当店やHPについて

  1. ホーム
  2. 当店やHPについて
  3. アヤが解決!近頃、気になるぅ…
  4. 大豆イソフラボンの効果的な食べ方

アヤが解決!近頃、気になるぅ…

大豆イソフラボンの効果的な食べ方

一押しポーズする白衣女性みなさん、こんにちは。
今回は女性の味方!「大豆イソフラボン」をテーマにお届けします!!
女性ホルモンと似た働きをするを言われており、
大きな注目を浴び続けているのですが、ご存知でしたか?
その大豆イソフラボンの食べ方をご紹介\(^o^)/


【大豆イソフラボンは摂取量に注意が必要】大豆と豆乳

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするとして注目され、女性らしい体や若々しい肌を求める女性を中心に積極的に摂取されるようになっています。
豆腐や納豆などの大豆製品をはじめ、豆乳ブームや豆乳やきな粉を使ったスイーツブームまで巻き起こしているほどです。
もっとも、一方で過剰摂取により女性ホルモンの働きが活発化し過ぎると、乳がんの発症リスクや再発リスクを上げると言われているので摂取量には注意が必要です。
わらび餅のサムネイル画像





【理想的な食べ方】白い皿とフォーク

食事として摂るうえでの摂取量の目安は1日に40mg~50mgほどで、豆腐だけなら150g程度、納豆だけなら60g程度となります。
日本の食生活では豆腐や納豆といった食品だけでなく、豆腐や納豆にかける醤油や、味噌汁としても摂取するため、大豆製品を普段の生活に普通に採り入れていれば、不足することも過剰摂取を起こすこともないと言われています。
また、日本人が古くから続けてきた豆腐や納豆、味噌や醤油、煮豆といった伝統的な大豆食品は食事としてバランスよく摂っている分には、過剰摂取などの心配はないとの見解も厚生労働省から示されています。

【日本人の平均摂取量と摂り方について】

比較する_人形この点、厚生労働省による平成14年国民栄養調査によれば、国民の大豆や大豆製品、醤油、味噌などの食品摂取量から試算された大豆イソフラボンの摂取量は、1日あたり16mg~22mgとされています。
また、食品安全委員会では、「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の安全性評価の基本的な考え方」という指針において、私たちの日常的な食生活にプラスして、特定保健用食品により摂取する大豆イソフラボンの摂取量が、大豆イソフラボンアグリコンとして1日30 mg内に収まるよう適切なコントロールができれば、安全性上の問題はないとの見解を示しています。
大豆イソフラボンは過剰摂取はかえっていけない場合もあり、通常の食事ならいいですが、サプリメントとして摂る場合は摂取の仕方が難しい場合もあります。
これに対してプラセンタは赤ちゃんを育てるための栄養が詰まっており、1日の摂取量の目安もしっかり案内されているサプリメントが多いのでおすすめです。

うれしい口こみ評価をありがとうございます!
口こみをみる>>>https://shop.yushun-placenta.jp/review/shop/002

美容家_國分さんのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

2018/04/03



ページトップ