当店やHPについて

  1. ホーム
  2. 当店やHPについて
  3. アヤが解決!近頃、気になるぅ…
  4. 大豆イソフラボンの摂取で生活習慣病をケアできます

アヤが解決!近頃、気になるぅ…

大豆イソフラボンの摂取で生活習慣病をケアできます

食事運動睡眠みなさん、こんにちは。
一年のうち、寒さの厳しい時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。
今日は「生活習慣病」をテーマにお届けします!




【現代人の多くが生活習慣病予備軍です】手にスプーンとフォーク

仕事や家事、育児など忙しい日々を過ごしている現代人が多くなっています。
忙しく過ごしていると、ついつい疎かになってしまうのが食生活です。
誰もが必ず行う食事が疎かになってしまう事によって、健康を損ねてしまう可能性があります。
特に問題視されているのが生活習慣病です。
この病気になってしまうと、新たな病気の引き金になる可能性が高まります。
その為、バランスの取れた食生活を心がける事が大切です。

【生活習慣病を予防する方法】

たくさんの大豆忙しい現代人にとって継続してバランスの良い食生活を続けるのは難しいです。
そこで、注目されている成分が大豆イソフラボンになり、この成分は大豆の胚芽に多く含まれています。
一般的にたんぱく質を多く含んでいるイメージが強いのはお肉ですが、大豆にも多く含まれていて、畑のお肉とも言われている程です。
お肉を食べるとたんぱく質の摂取できますが、脂質も同時に取り入れてしまう状態です。
この状態は悪玉コレステロールを増やしてしまいます。
大量の悪玉コレステロールはドロドロした血液になり、生活習慣病に繋がる為、なるべくなら少ない量を摂取する事がポイントです。
しかし、たんぱく質は重要なので、摂取するのなら大豆を食べて上質な栄養成分を摂取します。
大豆なら脂質が少なく、悪玉コレステロールが増える事はないです。

【動脈硬化にも期待できます】動脈硬化の進行_アニメ

大豆イソフラボンには動脈硬化にも期待ができると言われています。
その理由として、悪玉コレステロールを減少させ、同時に善玉コレステロールを増やすサポートを行います。
生活習慣病の中でも、血管を傷つけてしまう動脈硬化は気を付けなくてはいけない症状です。
大切な血管をいつまでもしなやかに保ちたい場合、大豆イソフラボンの摂取が必要になります。
また、生活習慣病に負けない健やかな身体を維持する為にはプラセンタも効果的です。
プラセンタは大豆イソフラボンと相性が良く、同時に摂取する事によって不安定になりがちな女性の体調をサポートします。

美のプロからも推奨いただきました!(口こみ)
https://www.yushun-placenta.jp/biyouka/index.html

美容家_

2018/01/25



ページトップ