プラセンタの基礎知識

  1. ホーム
  2. プラセンタの基礎知識
  3. プラセンタ(PLACENTA)とは

プラセンタ(PLACENTA)とは

プラセンタ(PLACENTA)とは

イメージ

プラセンタ(PLACENTA)とは胎盤のことであり、1つの細胞を生命に育て上げる重要な臓器で、出産の際にしか集めることができません。

日本でのプラセンタは人由来、豚由来、馬由来などが一般的で、整形外科をはじめ病院では人由来によるものを製剤として使用しており、美白、保湿、細胞の増殖再生、コラーゲンの生成促進、血行促進、抗酸化作用、抗炎症作用、肌荒れ抑制作用、免疫賦活作用、アミノ酸の補給など数々の美肌作用とアンチエイジング効果のために利用されています。

プラセンタ療法では注射や内服などにより、新陳代謝を促進、自律神経やホルモンバランスの調整、免疫・抵抗力を高める等、様々な薬理作用を持っています。

一方で、市販のプラセンタ原料では豚由来が圧倒的に多く、次いで馬由来のものが女性を中心にサプリメントや化粧品として利用されております。

また、一部植物性プラセンタという商品も見られますが、植物にはそもそも胎盤がないため、純粋にプラセンタではなく、アミノ酸やビタミンなどなどが含まれていることから造語として付けられた名称のようです。

赤ちゃんの誕生とともに役目を終え、体外へと非出されたプラセンタは、各種有効成分を多く含んでいます、動物のお母さんが、出産後プラセンタを食べて体力を回復させているのが、その証拠とも言えるでしょう。

イメージ

プラセンタの成分

イメージ

プラセンタ(胎盤)に含まれている主な有効成分として、タンパク質、脂質、糖質、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、様々な酵素、様々な細胞増殖因子やサイトカインなど。

このページは製剤を含めたプラセンタ一般の記述をしております。



ページトップ