プラセンタの基礎知識

  1. ホーム
  2. プラセンタの基礎知識
  3. プラセンタの効果

プラセンタの効果

プラセンタの用途と安全性は?

イメージ

プラセンタは一般的に、美肌作用、アンチエイジング(若返り、老化防止などの)などを目的に利用されています。加えて新陳代謝を促進、自律神経やホルモンバランスの調整、免疫・抵抗力を高める等、女性の更年期障害などにも内面から作用する効果が期待されています。

整形外科やクリニックなどで使用される人由来プラセンタは注射によるものが一般的で、副作用の報告もほとんどありませんが、感染症が拭いきれないため、注射を実施された方は日本赤十字により輸血が禁止されました。(平成18年度以降)

一方、市販のプラセンタ商品は、BSEの問題から牛由来は禁止されましたが、豚由来、馬由来などは広く市場に流通しております。これらは、あくまで機能性食品であり製剤とは異なるため、その効果は利用する個々人の判断に委ねます。

自由に使用でき、稀に軽微な副作用(かゆみ、倦怠感など)が現れる方もおりますが、ほとんどの方で主だった副作用の報告はないため、安全性の確保された商品や信頼できるメーカーを選べば、気軽に試してみることが良いと思います。

プラセンタは出産後に役目を終えますが、体外へと非出されたプラセンタは、各種の有効成分を多く含んでいます。

長年、動物のお母さんが赤ちゃんの誕生後にプラセンタを食べるのは、自分の臭いを消すため、つまり自然の中で天敵から身を守るための防衛行為と考えられてきましたが、近年では出産後の弱った体力を回復させている、というのが有力な説のようです。

ゆえに、プラセンタは体の内面から整え、それが結果的に美肌作用、アンチエイジング(若返り、老化防止)などの効果につながると言われるようになりました。

プラセンタ

プラセンタの成分

イメージ

プラセンタは主に、肌に直接塗布するクリームや化粧水などの商品と、経口摂取するサプリメントの商品に分かれています。

クリームや化粧水などの商品は主として女性が肌に塗ると滑らかな肌触りになる、吹き出物やニキビなどの肌トラブルが減るなど、スキンケアの効果を目的に使用されている方が多いのですが、人によっては成分が強すぎて肌に合わない、逆に吹き出物が出たなどという方もいるようです。

一方で、経口摂取するサプリメントの商品は、プラセンタの持つ栄養素を実際に体内に取り入れることで、内面から現れる効果を期待して使用されています。女性に多い体調不良を招く更年期障害や、美肌作用、アンチエイジング(若返り、老化防止)などの効果を目的に使用されている方がほとんどです。こちらもですが、あまり効果が感じられない、逆にニキビが増えたなどという方もいらっしゃいます。

しかしこれらは、プラセンタだからというよりはあらゆる化粧品や食品、もちろん薬品にも言えることで、ご自身の体に合う方・合わない方、アレルギーをお持ちの方などと同様の話であると言えます。

イメージ

サプリメントでも化粧品でも、安全性の確保された商品や信頼できるメーカーであれば、まずは「お試し」などのサンプルコースをご自信で試してみて、「調子がよい」「効果がある」と感じられれば、継続してゆくことをおすすめします。
※プラセンタに対する(食品)アレルギーなどが明確な方には、おすすめできません。

  • イメージ
  • イメージ
  • イメージ

このページは製剤を含めたプラセンタ一般の記述をしております。



ページトップ